MENU

「ロングバケーション」オーラ全開の50代のキャストたち

フジテレビの月9ドラマ『ロングバケーション(通称:ロンバケ)』はやりましたよね!

1996年当時の放送なので、録画ではなくリアルタイムで見てる~って人が多くて『月曜日月9は街中から女性が消える』っていわれていました。

瀬名秀俊(24)というピアニストを目指している青年役に木村拓哉さん、落ち目のモデル葉山南(31)役に山口智子さんです。

ピアニストを目指す瀬名秀俊(木村拓哉)の部屋に、結婚が破談になり突然転がりこんだモデルの葉山南(山口智子)が繰り広げる、奇妙な同居生活をコミカルに描いたラブストーリーでした。

自分の中で蓋をしていた気持ちが解き放たれる、そんな感覚にしてくれるちょっぴりオシャレな感じで見ていました。

27年前のドラマなので、この作品をリアルタイム視聴していたよ~っていう方はきっと私と同年代。(笑)

 

他にも

  • 瀬名秀俊の片思いの相手に松たか子さん
  • 葉山南の後輩モデルに稲森いずみさん
  • 葉山真二の恋人でインテリアデザイナーにりょうさん

など、その後のドラマや映画で主演に抜擢されるぐらいの俳優・女優の共演だったことも、華やかで見どころの一つだったなぁと思います。

みんなスタイルがよくて素敵でしたよね!

山口智子さんの明るくてコミカルな演技も女性の心をひきつけてくれました。

 

ドラマの中では圧倒的に瀬名秀俊(木村拓哉)と葉山南(山口智子)カップルを応援する視聴者が多かったのですが、男性でいうと私は葉山真二役で出演されていた竹野内豊さんが気になっていました。

竹野内豊さんの何がよかったかというと『声』です。

バーテンダーでチャラ男で自由奔放ぷりなので『アニマル真二』というニックネームで姉・南から呼ばれていましたよね。

当時はトップアイドルの木村拓哉さんと共演ですごく緊張したそうですが、振り返ってみると竹野内豊さんはアニマル真二を見事に演じ切り、今の渋いイケオジポジションを築けていると思います。

竹野内豊さんは今でも髭のイメージがあって、これは『アニマル真二』がきっかけだそうです。

今では白髪交じりの髭になってしまったけれど、うまくメイクさんが隠してくれているとバラエティ番組で髭歴史を話されていました。(笑)

 

年齢を重ねとそれぞれ個性が益々輝いてきて、50代になった今彼らが集まったらどんなオーラが放たれるんでしょうね。

一度見てみたいものです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる