歴代の月9を語っていきます。

月9マニア!!

ラブストーリー 月9

お仕事ドラマの名作はこれ!「リッチマン、プアウーマン」

投稿日:2023年7月31日 更新日:

2012年フジテレビドラマ『リッチマン、プアウーマン』よかったですよね。

放送から11年も経っていますが、未だに少し仕事で躓いた時には思い出すドラマです。

  • 主人公は日向徹(小栗旬)で、年収25億の急成長をしているベンチャー企業の代表。
  • ヒロインの澤木千尋(石原さとみ)は、東大理工学部なのに就職難民の女子大生。

ストーリーは、リッチマンだけど人間的に欠陥だらけの日向徹と、記憶力抜群でしっかり自分の意見はいうけれど職なしプアウーマンが会社説明会で出会い、以降衝突を繰り返しながらもお互いに成長&惹かれ合いしていくビジネス&ロマンスを描いたものです。

ITが発達し、アパートの一室などまるで会社とは思えないような狭小スペースからでも億単位の利益を生む会社に成長するという部分は、すごく夢が膨らむ内容で、サラリーマンや就職活動に苦戦しているゼット世代の心を刺激したと思います。

また、自宅で何か始めたいという主婦にも可能性を教えてくれましたよね!

 

今でもその内容が色あせることはありません。

日向徹は、日本バージョンのスティーブ・ジョブズのようなポジションだと感じました。

スティーブ・ジョブズというと、マッキントッシュのパソコンやiPhoneなどを世界中に送り出した人物!

一般人を惹きつける圧倒的なプレゼン力が話題となりました。

親しみやすい黒のハイネックにデニムスタイルで登壇したファッションは、度肝を抜かれましたが親しみを感じましたよね。

そう、主人公・日向徹はスティーブ・ジョブズを彷彿させてくれるんです。

 

この作品の面白い部分はそれ以外にもあり、彼が作中に残した名言も話題になりました。

  • 昨日驚いたことでも、今日は誰も驚かない。
  • 不安を恐れるな、それは成長の一過程に過ぎない。未来を作れるのは変化を楽しめる人物だ。
  • 今お金が無くても大丈夫!その仕事が面白ければ、必ずそれに世の中の人々がお金を出してくれるようになるんだから。
  • 頑張ったから努力を認めてくれ?子供か!

などなど、甘ったれた自分の心をグサグサ突き刺す耳のイタイ台詞だらけですが、世の中をリードする人物ってやっぱり思考が長けていると痛感しました。

  • ビジネスで方向性が分からなくなった時
  • 自分に喝を入れなきゃという時

ぜひぜひこの名作『リッチマン、プアウーマン』を見てみてください。

正直恋愛要素もありますが、お仕事ドラマとしてすごく大切なことを教えてくれると思います。

-ラブストーリー, 月9

Copyright© 月9マニア!! , 2023 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.